「電話連絡なし」のキャッシングってあるの?

キャッシングで電話連絡なしを希望する

基本的にキャッシングは20歳以上で働いており、今後も安定した収入が期待できる人であれば利用することができます。

 

キャッシングと言っても消費者金融、銀行、クレジットカードなど様々ですが、貸金業者にとっては利用者が今後も働いて返済の見込みがあるかどうかを確認することは当たり前のことであり、そのためにも勤務先への在籍確認の電話(もしくは在籍確認のための郵便物送付)を行っています。

 

「自営業だから奥さんにバレたくないな」、「普段自分宛ての電話なんてないのに」という様々な事情もありできれば電話連絡をしてほしくない人もいるでしょう。

 

 

キャッシングで電話連絡なしの消費者金融

このような人にまず安心していただきたいのは貸金業者は会社名を名乗ることはなく、担当者名で電話をしてきます。
また電話する時間帯や携帯電話でかけてほしいなどの希望を出すこともできます。

 

それでも電話をしてほしくない人に、実は「電話連絡なし」の貸金業者があり、例えば誰もが知る有名な大手の消費者金融でも電話連絡なしの所があります。
また電話連絡をする所でも一定額以下の借り入れであれば電話連絡はしないこともあります。

 

インターネットではこのような貸金業者や実際に利用した人の口コミが掲載されたサイトもありますので気になる人は一度チェックしてみてください。

「電話連絡なし」のキャッシングを利用する時の注意点とは?

キャッシングで電話連絡なしの審査方法

キャッシングの申し込みを行うと基本的に勤務先への電話連絡により在籍確認が行われます。
しかし電話連絡をしてほしくない人のために「電話連絡なし」のキャッシングもあり、利用する際に注意したいことあります。

 

まずキャッシングの申し込みの際に「電話連絡はしないでほしい」旨を担当者に忘れずに言ったり、申込書に忘れずに記入しましょう。
電話連絡をしないかわりに身分や収入を証明できる書類をいくつか用意しなければなりません。
書類とは会社の社員証や給料明細書、課税証明書などいくつか考えられますが、審査に早く通るためにも貸金業者が指定した書類を事前に準備しておきましょう。
また電話連絡なしでこの方法を選択すると審査に通るまでに時間がかかる可能性があるため、急いでいる場合は注意が必要です。

 

キャッシングで電話連絡なしのをネット申込み

ちなみにインターネットや携帯電話で申し込みをする「WEBキャッシング」や「モバイルキャッシング」があります。
これは申し込みの後は書類審査だけが行われ、しかも消費者金融であれば申し込む時間帯によってはその日に融資を受けることもでき大変便利です。
消費者金融の場合は銀行よりも審査が比較的甘い分、金利が高くなる傾向があります。

 

借り過ぎに注意して計画的に返済できるように利用しましょう。