キャッシングに関する法律【闇金融対策法】電話連絡なしでキャッシング

弁護士などの専門家の事務所や地域の消費生活センターには日々闇金被害の相談が寄せられています。
「電話連絡なしでキャッシングしたい」「まわりにばれずにキャッシングしたい」と闇金を利用する方がいることも事実ですが
なるべくなら一般的な消費者金融や銀行などからキャッシングするようにしましょう。

 

 

闇金の被害から利用者を守るために「闇金融対策法」が2003年に制定されました。
2004年から施行され、逮捕される人が増えているようです。

 

電話連絡なしのキャッシング

この法律では

「高い金利で貸し付けたり、無登録で営業してはいけない」
「“絶対に貸します”“無審査で融資”といった誇大広告をしてはいけない」
「貸金業者は正当な理由なしに債務者に夜間取り立てをしてはいけない」
「貸金業者は年109.5%を超える金利で貸し付けてはいけない」

などといった規定がされています。

 

もし利用した貸金業者が闇金であると気づいた時
自宅に取り立てに来ることが分かったら中に入れずに警察に連絡しましょう。
それでも闇金の被害にあってしまったら速やかに警察弁護士などの専門家に相談することが重要です。

 

最近では無料で相談できる所もありますので、もしご自身がキャッシングで利用した消費者金融が闇金だとわかったらぜひ利用しましょう。